タイ旅行に行ってきました!!Part.2

はじめに

皆さんこんにちは!!土土です。

本日は1月5日…
明日から仕事がはじまってしまいます…

過ぎゆく16連休に思いを馳せ、現実逃避にこの記事を書いています。

パート1では、飛行機に乗って、初日に巡った場所について書きました。

今回の記事では、タイの寺院を中心に巡った2日目のことについて書いていきたいと思います!!!

訪問場所・経路

パート2は寺院を中心に回った日になります。

Century Park Hotelがスタートです。

Century Park Hotelでの朝ごはん

この日はCentury Park Hotelからスタートになります。

12月23日にも関わらず、9には気温29℃

そして、この日の予想最高気温は35℃です。

寺院を巡るためにはしっかりと朝ごはんを食べなければいけません!!!

朝ごはんの様子はこんな感じです。

そして私の食べた朝ごはんはこんな感じです。

ワット・アルン(Wat Arun)

ワット・アルンは白い塔のが立ち並ぶ寺院です。川を渡った先にあります。

少し遠いところにあるので、タクシーを使ってホテルから行きました。

だいたいCentury Park Hotelからは200バーツでした。
タクシーの運転手は優しい人で、YouTubeで日本の曲を流してくれました。
韓国と日本の区別がつかないところがお茶目でもありました。

ただこの操作、すべて運転中にやってます…
運転に集中してくれーーーー!!!


ワットアルンですが、入るためには50バーツ必要です。

基本的にどこの寺院に入るのにもお金が必要です。

京都のお寺に入るのもお金が必要ですよね。
あんな感じです。

また、これもだいたいの寺院に当てはまることなのですが、寺院に入るためにはドレスコードがあります。短パンだったり、ノースリーブのような肌の露出が多いとは入れません。

行く前には羽織るものを持っていくなど、気を付けるようにしましょう。

そして、上記をクリアすると入場券がもらえます!!!

白い塔の周りにはこのような像がたくさん立っています。

この像と記念撮影をしている人が良くいます。

白い塔ですが、近寄ると入りきらないくらいになってしまいます…

撮るのが難しい…

白い塔のこのきれいなカラフルな柄ですが、近寄ると陶器なんかでできています。

びっくりです。

また、この白い塔には上ることができて、塔から下を見下ろせます。

登るための階段がとにかく急で、体感だと70度くらいあるんじゃないかってくらいです。

タイ旅行も足腰の元気な若い間に行った方がいいかも…??

ワットアルンですが、塔の周りにもなんかあります。(笑)

歩いて回るとそこそこ面白いものが見れるかもしれません…

こんな感じで金の仏像がずらーっと並んでいるところもあったりします。

ただこの景色、タイの寺院でよく見ます…(笑)

何かよくわからないですが、こんな大きな建物もあります。

中に入るとこんな感じです。

今からこの2人の外国人は、左に見えるお坊さんにお金を渡して、何かよくわからないことをしてもらって、最後にミサンガみたいなものを付けてもらってました。

何してたんだろ…

ワットアルンはこんな感じでした。

次に、ワットポーに向かいます。
ただワットポーは川の対岸にあります…

そこでボートに乗って向かいます!!!

ボートは1回4バーツです!

こんな感じのゲートを通っていきます。 このゲートがかなり奥の方にあるので、間違えて変なツアーに連れていかれるボートに乗らないように気を付けてくださいね!!

乗るボートはこんな感じです。

水草の浮かんだ茶色い川を渡っていきます。

ワット・ポー(Wat Pho)

ワットポーは涅槃仏で有名な寺院です。

この涅槃仏はタイで一番大きな仏像です。

長さ46m、高さ15mもあります!!!

ここに入るのにも、もちろんお金がとられます。

そして、さっきのワットアルンに比べると少しお高めで、200バーツです。

お金を払うとこんな入場券が手に入ります。

もちろんここにもドレスコードがあります!!

肝心の涅槃仏ですが、大きすぎてカメラに収めるのは至難の業です。

顔はこんな感じ…

足までがこんな感じ。 46mもあるのでとおいですねー

お腹から顔をみるとこんな感じ。

そして、足先から全体を写すとこんな感じです。 足の指先など、指紋まで作ってあって、つくりが細かいです。

足裏はこんな感じです。

背中はこんな感じです。 正面の画像はガイドブックなどによく載っているのですが、背中の写真はなかなか見ないのではないですか??

ちなみに、背中側の壁には、小銭を入れる入れ物が何十個もあって、お金を入れた入れ物の数だけ願いが叶うとかなんとか…

背中側は、願いをかなえたい旅行者側と、お金を集めたいお寺側の煩悩だらけです…

涅槃仏はこんな枕で頬杖ついてます。

だいたい正午ごろなのですが、この時間になると外は灼熱です。
しかし、日本と違い自販機などはありません。

ただ、安心してください。
ワットポーではうれしいサービスがあり、チケットに水との交換券がついています。

チケットを箱に入れて、ペットボトルの水と交換できます!!

ワットポーでは、涅槃仏以外にもいろいろあります。

涅槃仏を見た後も、そこそこ観るところは残っています。

こんな感じでみんなで座って、祈りをささげるようなとこもあります。 ここは扇風機が置いてあるので、結構くつろげます。(笑)

ワットアルンで観た白い塔に似た塔がここにもあります。 ワットアルンとは違っていて、ワットポーの塔はカラフルできれいです!!

ここらへんで疲れてきたので、お昼ご飯を探します。

THE SIXTH 6th

THE SIXTH 6thは、タイ料理の食べられるおしゃれなカフェみたいなところです。

店内はこんな感じです。

メニューをみると、こんな感じでタイ料理を食べることができます。

ここでは、パッタイとトムヤムクンを食べました。

パッタイはこんな立派なエビが二つもついてきます!!!

今気づいたのですが…
トムヤムクンの写真を撮り忘れました…

トムヤムクンも食べる場所によって多少味が違います。

ここのトムヤムクンは、辛さを選べて、中には白いシメジみたいなキノコが大量に入っていました。

写真がないのが悔しい…

ちなみにTHE SIXTH 6thはトイレも貸してくれましたよ!!

王宮

王宮は入るのに、1人500バーツもいります。

日本円でだいたい2000円…
高いですよね…

門をくぐるとこんな感じで人でごった返しています。

気分はディズニーに来た気分…

500バーツを払って入場券を手に入れます。

この入場券が馬鹿みたいにでかいです。
カバンに入れるのも一苦労なくらいです。

もちろんここにもドレスコードがあります。
気を付けてください!!

ワット・プラケオ(Wat Phrakeaw)

ワットプラケオは王宮に併設された寺院です。

次の日のツアーのガイドさんが言っていましたが、王宮には寺院を併設するらしいです。

なのでここには、歴代の王が暮らした王宮と、きらびやかな寺院、ワットプラケオがあります。

今更ですが、ワットはお寺という意味らしいです。

入場券をもらって門をくぐるとこんな建物がお出迎えしてくれます。

そして左を向けばこんな感じです。

やはり王宮に併設されているだけあってほかのところとはきらびやかさが違います。

これは、プラ・スイ―・ラッタナ・チェ―ディーです。 でっかい塔が黄金に輝いています!!!

これは、エメラルド仏寺院の本堂です。 中に入ることはできますが、写真を撮ることはできません。

屋根や、柱や壁など、そのすべてが派手に作られています。

これはプラ・モンドップです。 奥にはプラサート・プラテープ・ビドーンがみえます。

よくわからないのですが、なぜかカンボジアのアンコールワットの模型もあります。

ちなみに、以前カンボジアに行った際の記事はこちらです。

www.tsuchitsuchi.com

こんな感じでワットプラケオはそのすべてが派手に作られています。

入場料は500バーツと少々行くのを渋るほど高いのですが、行く価値のある場所だと思います。

写真には載せていない部分もありますし、写真は撮れない建物もあったりするので、皆さんご自身の足を運んでみてください!!

王宮

王宮は、ワットプラケオに負けず劣らずきらびやかな建物です。

下の建物はチャクリーマハープラーサート宮殿(Chakri Maha Prasat Throne)です。

タイを思わせる部分と、ヨーロッパ風な部分が入り混じっており変な感じです。

ちなみにこの王宮は、1782年に建設されています。

ちょうどラマ1世が即位された時です。

アユタヤの後に繁栄した、川の対岸にあるトンプリーは相応しくないと考え、川の東側バンコクに遷都したらしいです。

またまたちなみにですが、トンプリーって何かに音が似てませんか?

そう日本どんぶりです!!

どんぶりはトンプリーから伝わってきた器なんです。

つまり、どんぶりは日本のものではなくタイから伝わってきたものなんですよ!!

チャクリーマハープラーサート宮殿の逆を観ると、よくわからない洋風の建物があります。

この広場だけ見るとどこの国に来たのかよくわからなくなります…

手前に小さく見えるのはアポーン・ピモークです。

なんなんでしょう。


次にタクシーに乗ってワットパクナムにむかいます。

タクシーは王宮の周りにたくさんあるのですが、競争率が高いので、少し歩くと簡単に捕まえられます。

ワット パークナム パーシーチャルーン

ワットパクナムは他の寺院より少し離れているので、ほかの3つは歩いて回れますが、ここだけはタクシーで行く必要があります。

だいたいタクシーだと110~130バーツくらいです。

これはGoogle Map経由で開いていますが、実際にはここからGrabというアプリに飛びます。

この配車アプリは本当に便利で運転手と一言も会話をしなくても乗れるので、英語を話せない人ほどつかってほしいです!!

ワットパクナムは5階建てです。

外から階段を上がって入ると2回につきます。

こんな感じでだだっぴろいところに入ります。 地元民らしき人がお祈りなどしていました。

中では静かにしましょう。

3階に登るとこんな感じで、仏像がたくさん置いてあります。 置いてあるというか展示してある感じ。

4階に登るとこんな感じです。 真ん中に立派な仏像があります。

5階に上がるとようやくお目当てのものが見られます。

外には改修工事中の金ぴかの大仏もありました。

ワットパクナムはいい意味でも悪い意味でも写真通りです。

皆さんがここに訪れた場合は、この写真以上のものは見られないと思います。

正直少しがっかりしました。

行かなくてよかったかも…


そしてここはおそらく日本でしか有名でないのでは?という感じがします。

他の寺院はさまざまな国からの観光客でごった返していますが、ここにはそもそも人が少なく、いても日本人です。

なぜ日本でこんなに有名なのだろう…
観光ブックに載っているから…??

カオサン通り(Khaosan road)

2日目の夕方にまたここに戻ってきてしまいました。

カオサン通りはなんか雰囲気がいいんですよ!!

いろんな国の人がいますし、日本にはない空気感があります。

前日の話はこちらの記事にあります。

www.tsuchitsuchi.com

アイスクリーム

goo.gl

疲れたので甘いものが食べたくなりました。

そして、暑いので冷たくて甘いもの…

そう、アイスクリームです!!!

場所が地図に出てこなかったのですが、バーンチャートというホテルの下にあるアイスクリーム屋さんで食べました。

店員がスタイルがいいかつ、めちゃくちゃかわいくて、最後に日本語で「おいしかったですか?」なんて聞かれて、悩殺されそうでした。

そんな話はおいといて、食べたのはこちらです。

マンゴーアイスと、ココナッツアイスのアフォガードです。

どちらのアイスも、濃厚でとても美味しかったです。

アイスの後には、昨日に続いて別のマッサージ屋に行き、250バーツ払って1時間タイ式マッサージをしてもらいました!!

Villa Cha-Cha Khaosan-Rambuttri

goo.gl

夕飯はここで食べました。

今Google Mapでみたら、ここはホテルもやっているようですね。

普通に下はおしゃれなレストランでした。

食べたのはこちらです。

1枚目は帆立のなんかです。これがとても美味しかったです!!

前日に食べた貝のやつと似たような味付けでした。

二枚目のはイカのなんかです。
ぱらぱらのよくわからないふりかけみたいのがかかっていました。

3枚目はココナッツカレーです。
見た目のわりにそこそこ辛くて苦労しましたが、おいしかったです!!


ごはんを食べてお店を出ると、辺りはすでに暗くなっていました…

おわりに

パート2はこれでおわりです。

パート3ではアユタヤや、水上マーケット、象に乗ったときなどについて書いていきたいと思います。

次回もぜひみてください!!!