手づかみで食べるってホント!?パリピじゃなくても大丈夫!!Dancing Crabに行ってきた!

はじめに

皆さんこんにちは!土土です。Dancing Crabに行ってきましたので、ご紹介したいと思います!

Dancing Crab

www.dancingcrab.jp

Dancing Crabは、2014年にシンガポールでオープンしたアメリカ南部ルイジアナスタイルのシーフードレストランです。その特徴はピリ辛に味付けされたシーフードを、フォークやナイフを使わず、手づかみで食べることです!!

日本には大阪、東京、福岡にあります。今回は東京新宿東口すぐそばにあるDancing Crabに行ってきました。どうでもよいですが、ダンシングクラブのクラブは、倶楽部を意味する「club」ではなく、カニを意味する「crab」なんですね。踊るカニということでしょうか...

Dancing Crabは行くことそのものも楽しいですが、何よりご飯がとても美味しいです!みんなが手づかみでむしゃぶりついてます!Topの写真を見ていただければわかるように、店内のお客さんはみんなカニのカチューシャを付けます!マストです!(嘘)私ももちろん付けましたよ!?

料理ももちろんおいしいのですが、もう一つ大きな特徴は店員さんが踊ることです!

1時間に1回ほど、店員さん全員が通路に並び踊ってくれます。きれいなお姉さんたちが音楽に合わせておどってくれるのでとても楽しいですよ!!なんとこのダンス、スタッフたちが振り付けまでしているらしいです!!このとき、誕生日の人たちは店内全員に祝ってもらえます。私が行った時も何組か祝われていました。

店員がダンスを踊ったり、店内は陽気な空気が漂っていますが、基本的にはレストランです!「Dancing Crab」という店名でも、パリピ以外もきちんと入店可能です!!(笑)

おわりに

Dancing Crabはどうでしたか? 食べ物もおいしくて、お酒もおいしくて、いるだけで楽しいのが「Dancing Crab」です!皆さんもぜひ行ってみてください!