フランス、ナントの旅行記

はじめに

学生時代にフランスの「ナント」に学会で行きました。なので正確には旅行記ではないのですが、おそらくもう二度と訪れることはないだろう「ナント」に思いを馳せながら、その時の記録を書いていきたいと思います。

ナントって?

まず皆さんフランスの「ナント」って都市をしっていますか?多くの人はあまり知らないのではないですか?ナントはフランス南西部に位置する川沿いの町で、以前は造船業や貿易業が栄えたのだとか。今は「アートの町」として生まれ変わっており、そのおしゃれな雰囲気と、歴史を感じる街並みから、ヨーロッパで最も住みたい町の上位に選ばれたとか選ばれてないとか。日本でいう金沢みたいなものを思い浮かべてもらえればと思います。町のいたるところにアートがあふれています。

なぜか街中の壁にゲームのキャラクターが描かれていたりもします。 治安はフランスの中では比較的良いようです。確かに夜中で歩いても大丈夫でした。特に怖い経験をしたということもありません。 そして、町の主要な機能が中心にぎゅっと集まっています。なので、行きたいところも徒歩で行くことができます。観光はしやすいと思います。

気候に関しては、11月の上旬に行ったのですが、同時期の日本よりは寒いように感じました。私がつらかったのは時間間隔です。太陽は朝の9時過ぎに昇り、夜の20時過ぎに沈みました。日本とは太陽が昇っている時間が違うために、なかなか順応が厳しかったです。約1週間ほどいたのですが、後半にやっと慣れたかどうかというところでした。

もう一つ皆さんに気を付けていただきたいのは、お店の営業時間です。海外あるあるだとは思うのですが、日本ほど良心的な時間に営業しているわけではありません。コンビニみたいに便利なものはなかなかありません。また、日曜日にはほとんど閉まっています。飲食店については19時過ぎとかにならないとご飯を提供してくれなかったりします。それまではコーヒーしか出さないよなんて言う風にも言われました。下の写真のように、昼間からビールなんかは飲めるところがありましたよ!!

ナントで驚いたこと!!

私がまずおどろいたのはパンの硬さです。丸いフランスパンは石より硬いです。歯の悪い方は気を付けましょう。

また、飲食店ではやたらポテトを出してきます。そのお店の種類は関係ありません。ケバブ屋でもステーキ屋さんでも、貝を出してくるお店でもバカみたいに山盛りポテトを嫌がらせかのように出してきます。そして、どれもがふにゃふにゃです。

街の人は出勤時セグウェイを使う人が多々います。最初こそ驚きましたが、そこそこの頻度でつかうので驚かなくなりました。形は見たことがないものがほとんどでした。皆さんはハンドルを持つ大型のものを想像されると思うのですが、それを見たのは1回だけで、あとは足で挟む一輪車型のものだったり、キックボード型のセグウェイを乗っていました。

ナントのここに行きました!

ホテル

アパートシティ コンフォート ナント センター

goo.gl

僕の言った時期は学会で、世界中から人が集まってきており、予算で行けるとこで選んだためここになりました。だいたい10000円/日って感じでした。夜遅くに帰っても、呼び鈴を鳴らすと開けてくれるのでそこは良かったです。部屋はキッチンも付いています。ベットは横幅80センチくらいの狭めのシングルベッドでした。掛け布団をまるで敷布団かのように、キツキツにベッドメイキングされているので、初日は掛け布団の存在に気付かず、凍えながら寝ました。でもまるで敷布団かのようにベッドメイキングされているだけなので、ちゃんと掛け布団はあります!安心してください!

部屋のマイナス点をあげるならば、水回りです。ていうかこれのせいで一週間最悪でした。下水の戻り臭がひどいので、部屋中下水くさいです。水を一生懸命出しても改善は見られませんでした。こればっかりは対処のしようがありませんでした。

また、シャワーがついているのですが、体も髪もすべて洗える洗剤が置いてあるだけでした。それで洗うとキューティクルが全滅してギシギシになります。私は日本から持っていていたので良かったですが気を付けましょう。

細かいことですが、領収書はちゃんとくれます!ただ、宿泊者宛には簡単に書いていただけるのですが、所属組織宛だとそのような文化がないのかなかなか伝わらず、最終的に見本を書いてくれと言われました。そうしたら対応してくれました。フロントには人が常駐していましたが、英語が話せるとは限りません。ただ、朝は2人いて、片方は話すことができました。

食べ物編

Amour de Pomme de Terre

goo.gl

うーん読めない。ここは値段がお手頃です。だいたい日本円で一食2000円くらいです。

ここはチーズがうまいです。私はラクレットを食べました。ホカホカのイモに、自分で溶かしたチーズをかけて食べるのでとても美味しかったです!!!

美味しいのですが量がなかなか多いです。複数人で行ったときはシェアしてもいいかもしれないですね。

Aux Moules du Bouffay

goo.gl

また読めない―。ここは、ムール貝のワイン蒸しが絶品です。2次会みたいな感じでいったのでこれしか食べなかったのですが、無限に食べられます。

あっポテトが大量だ...

L'Entrecôte

goo.gl

もう読めるわけがない...ここは地元でも有名なステーキ屋さんだそうです。おいしさのあまり滞在中2回も行ったのですが、常に混んでいます。きれいなお姉さんがお料理を運んでくれます!

またポテト~~~

Bar Le Cercle Rouge Nantes

goo.gl

たまたま入ったバーです。ここはかなり良心的なお値段です。サラミ1本とビール2杯のセットで5ユーロくらいでした。雰囲気もよくていいバーでした!

サラミは一見すると何かわからないのですが、切ってみるとサラミです。このサラミがめちゃくちゃうまい!!!日本のものとは比べ物になりません。

McDonald's

goo.gl

フランスのマクドナルドにも行きました。タッチする画面が複数あって、それで注文からお支払いまで完結できます。店員と会話をする必要もないので楽でした!

マクドナルドの味は世界共通です。異国の地でマクドナルドを食べるとなぜか落ち着きます。(笑)

ナントは治安がいいと聞いていたのですが、明らかにこれは銃痕ではというのが町に何か所かありました。行った当時マックにも複数個所見られました。ほんとに治安がいいのかな?

これがナントに行った初日の朝だったのでちょっとビビりました。 ただ、一週間何もありませんでした!たまたまだと思います!人も東京に比べたら全然いないので、むしろ安全くらいに感じました!

観光編

ブルターニュ公爵城

goo.gl

ナントといえばこれ、といったような建物と一つです。中にも入れます。詳しくはわかりませんが、なんかすごいです!やはり日本のお城とは全然違いますね!ヨーロッパを感じることができました。

サン・ピエール・サン・ポール大聖堂

goo.gl すごくすごく大きな大聖堂です。 ステンドグラスなどがとてもきれいです。なかには懺悔をするところなどがありました。

Basilique Saint-Nicolas

Basilique Saint-Nicolas

こちらは大きな教会です。

goo.gl

Passage Pommeraye

goo.gl

すごくすごくおしゃれなパサージュです。日本でいうイオンみたいなものかな?そんなこと言ったら怒られますね…(笑)お土産はここで買えます!というか、ここでしか買えないぐらいです。

ナント島のマシン

goo.gl

ここで学会のパーティーが行われました。そこに木でできた象のロボットが来たり、クモのロボットがいたりしました。

Tabac

ナントで歩いていると200メートルおきくらいに見ます。赤いひし形の看板が特徴です。葉巻や駄菓子なんかが売ってあります。そこには1ユーロ~10ユーロほどのスクラッチも売ってあります。これを現地のおじさんがすごくやっています。日本のパチンコにはまるおじさんのような感じなんでしょうか。

これが結構当たります。ただ、店員さんに渡すと、当選金額分だけのスクラッチをまた渡してきます。そして外れます。やったときには強くお金を要求しましょう!(笑)

トラブル

トラブル1 変なおじさんが私の席に座ってる…

パリからナントへは上のような飛行機で行きました。だいたい高速バス程度の広さです。席へ行ってみると知らないおじさんが座っていました。奇跡的にそれが同じ学会出席者の日本人だからまだ助かりました。

原因はというと、そのおじさんは私の席の横らしいのですが、現地の15歳くらいのギャル2人に取られてしまったそうです。どうやらそのギャル2人は席が離れていてしまっていたらしく、隣がよかったそうです。いや、意味は分かるんですが、常識的に考えてダメですよね… キャビンアテンダントの人と話した結果、おじさんが移動させられました。なんででしょう…これがレディファーストか…

トラブル2 初日に携帯が壊れる

初日の朝に携帯で街並みを撮ろうとした瞬間、画面が暗くなりうんともすんとも言わなくなりました。結局直りませんでした。そのため、この記事の写真は一緒にいた友人からいただいたものです。幸い、当時ノートパソコンを2台持って行っていたので、それで乗り切ることができました。

こういうときのための便利なグーグルマップの機能を以下の記事で紹介しています。

www.tsuchitsuchi.com

トラブル3 論文誌採択のため顔写真がいる

これはうれしいような、めんどいような話です。現地でどうやって論文に載せるようなちゃんとした写真を撮ればいいんだ…

そう思っていたところ、幸い、上で紹介しているPassage Pommerayeで証明写真機を見つけました。海外にもあるんですね。奇跡だー

むすび

最後まで読んでいただきありがとうございました!私が書いたのはナントの魅力のほんの一部です!まだまだ伝えきれてない魅力がナントにはあります。私はもう一生行かないと思いますが、皆さんぜひ行ってみてください!