超便利!「Google Map」の「オフラインマップ」機能

初めに

今回は海外旅行など行った際に大活躍する「Google Map」の「オフライン」機能の紹介と、使い方について説明します。はじめて海外に行ったときにこの機能を知っていれば、どれだけ助かったかと思うほど、海外旅行の際には必須の機能だと思っています。

オフラインマップとは

皆さん海外など行った際、インターネットを使えずに困った...なんて経験ありませんか?そしてその時「道」も「目的地」もわからず、現地の言葉も話せない、もうお手上げだ!!!なんてなりませんでしたか?そんな状況を、あなたは一人で解決できますか?Google Mapのオフラインマップ機能はそんな皆さんのお悩みを解決します!

することは海外へ行く前に旅行先の地図をダウンロードするだけ!

それだけで、インターネットがない環境で道に迷う心配もありません。

もともとインターネットがない環境でもGPSは使うことができます。なので、皆さんは世界のどこにいるかという絶対的な情報は入手するこはできるでしょう。ただ、周りの環境はどうなっているのか、目的地はどこにあるのか、そこまでの道順は?となったときに、その情報を入手するすべはありません。

オフラインマップはそんな悩みを解決するために、あらかじめ旅行先の地図をダウンロードしておくだけで、以下の機能を提供します。

  • 経路を検索して表示する
  • ナビを使用する
  • 場所を検索する

これだけの機能があれば皆さんはもう迷う必要はありませんよね?地図が読めないといった方は、もうGoogle Mapでも解決しようがありません。勉強しましょう。

それではオフラインマップの使い方を見ていきましょう。

オフラインマップの使い方

まず、Google Mapをいつも通りに開き、左上の三本線を押します。

そうすると、左に機能を選択するバーが出てきますので、その中から、オフラインマップを選択してください。

次に、したのような画面が出てきますので、「自分の地図を選択」を押します。

そして、自分の旅行先であったり、仕事先などの周辺を選択し、「ダウンロード」を押すと、地図のダウンロードが行われます。

下のように、ダウンロードした地図が表示されれば、ダウンロード完了です。あとは普段地図を使うように目的地の検索や、ナビゲーションができるようになります。

終わりに

いかがだったでしょうか。みなさんも海外へ行ったときなどはぜひ使ってみてください。